Img
FXとバイナリーの関係

FXの取引の方法

FXの取引の方法にはいくつかの方法がありますが、その中の一つに デイトレードがあります。デイトレードとはエントリーした日のうちに決済をして翌日に持ち越さない取引方法を言います。

そしてデイトレードの方法で取引をするためには、ある程度相場を見続けていることが必要になってくるので、時間がある人におすすめの取引方法であると言えます。

そのためFXの取引をして生活をしているような人がこの取引方法でFXの取引をすることが多いです。


FXの基本を知ろう  

FXの基本は為替レートの変動を利用してリターンを得ることです。通貨の価値は売買によって刻々と24時間変化しています。仮に「円安ドル高」ならば、円を売ってドルを買う傾向になり、ドルは買われて価値を上げます。「円高ドル安」はその反対です。言い方を変えますと、ドルに対して円が高くなればドル安(円高)に、円が安くなればドル高(円安)になります。FXで儲かるのは、買った時の通貨の価値より、売る時の通貨の価値が高くなる場合です。また、売りから入って、将来より安く買い戻すことかで来たら為替差益を手にすることができます。   

○FXならではのメリットを知ろう  

今までの外貨投資のデメリット、例えば手数料が高いなどを解決したのがFX取引です。手数料の安さは驚異的です。外貨預金という商品があります。一概に言えませんが取引手数料はFXより20倍程度割高ではないでしょうか。さらに為替レート変動による損失と手数料が利子以上に大きいと、元本割れになる場合があります。また定期の外貨預金の場合は、中途解約すると優遇金利の打ち切りや解約手数料まで取られますから元本割れする場合もあります。  

また外貨預金は「買い」から入る投資ですから、円安からも円高に向かっているトレンドではリターンを得ることは出来ません。  

それに比べてFX取引は外貨を「買う」、「売る」どちらの取り引きからでも入ることができます。円高・円安両局面で利益を得るチャンスがあります。  

この他FX取引の特徴は、土・日を除く24時間取引、金利差から発生する利息に当たる<strong><span style="color: 「スワップポイント」を受け取ることもできます。  

XEマーケットは海外業者の中でも、取り扱っている取引商品の豊富さはトップクラスです。通常の業者の場合、取り扱っている通貨ペアはだいたい多くても20種類程度が平均的ですが、XEマーケットはなんと53種類もの通貨ペアを扱っています。

通貨ペアの他にもゴールドやシルバー、大きな利益を獲得するチャンスを狙える原油、長期間の視野をもって取引をしたい株価指数など、自分のスタイルに合わせて取引商品を選べるのが大きなメリットであり、これが多くのトレーダーを魅了しています。

海外業者といってもサポート体制は安心の日本語対応で、平日ならいつでも24時間トレードに関する質問や疑問、トラブル解消の対応などを行っています。トレードのテクニックに関するアドバイスもしてくれるので、FXが初めてという方でも心強いFX業者としておススメです。
ouirer
「24オプション」とはバイナリーオプションだけに特化していることで世界的に知られている専門業者です。普通のFXの取引と比べて、ルールがわかりやすく初心者でも気軽に始められる取引がその大きな特徴といえるでしょう。

その損益決定は非常に単純明快で、すばやいものがあります。所要時間わずか数分。その取引はハイアンドロー方式といって、一定の時間の区切りの中でどこまで為替レートが動くかということを見極めて判断し、その期間が終わったとき、設定していたラインから上か、下か、を当てることです。自分の設定したラインの上下が当たっていればそこで収益が発生します。
iuyree
バイナリーオプションは、取引自体もメリットが非常に大きいため、業者間による比較検討となると難しいという声もあります。けれどもよくよくシステムを比べてみると、それぞれに個性や長所、短所があることがわかるでしょう。

スマートオプションは、初心者トレーダーの方が安心して取引を始めることができる特性を持ちながら、中級者以上のトレーダーが「バイナリーオプションではこれが必要」と思う要素についてもしっかり持ちあわせている、長くつきあうことができるバイナリーオプション業者です。通貨ペアもメジャーからマイナーまで網羅している13種類。取引の効率を左右するペイアウト率の高さもポイントです。
hiurer
海外FX業者を利用する際に、もっとも心配なことといえば言葉の壁ではないでしょうか。口座開設は指示通りにできたとしても、そのあとの入金や出金、何か困ったことやわからないことが発生した時のサポート体制など、日本語でないとメールや電話で細かい状況を伝えるのは難しいものです。

ペッパーストーンは、英語でやりとりをしなければならないストレスを最小限に減らした、日本語サポート充実のFX業者です。サイトをみてもわかりますが、オール日本語で明解に全ての説明がされています。もちろん口座開設や、開設後のサポートデスク利用、取引ツールに至るまで日本語対応。他機関による調査で、日本人の口座開設数が1番多い海外FX業者1位にランキングされた実績もあります。

また、海外業者では唯一の国内銀行への振込による入金にも対応しています。クレジットカードを持っていないけれど海外送金は面倒、という方でも、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行に振り込むだけで、口座への入金が完了します。クレジットカードやデビットカードにも対応しているので、自分にもっとも適した方法を選んで即時入金が可能。取引のタイミングを逃しません。
iyre



○24時間取引できるFX市場について   

時間に制約できず自由に売買できるのでリスクヘッジもできます。
リスクヘッジとは為替が変動した時にの損失を軽減または、回避する事をいいます。あらかじめリスクの確定をしておくことで、安定した取引ができるという狙いがあります。たとえば、「米ドル/円」と「ユーロ/米ドル」は反対の動きをすることが多いので、両方同時に買っておけば、大きな利益ははありません が、大損を防ぐということになるので、一つの投資スタイルとして理解しておくとよいでしょう。

外国為替市場には株式市場のようなものはありません。銀行などの金融機関がそれぞれ為替レートを出し合う「相対取引」を行っています。これをインターバンク市場(銀行間市場)と呼びます。一日の市場はニュージーランドからスタート、シドニー、東京、香港、シンガポール、フランクフルト、パリ、ロンドン、ニューヨークの順で開き、またニュージーランドに引き継ぎます。

忙しい人でも24時間市場が動いていますから、夜の時間を利用してFX取引をすることが可能です。即時に対応できるのでリスク回避も機動的に対応できます。特に日本の夜の時間帯は、ロンドンとニューヨークの二大市場が開いているので有利に取引できるとされます。      

FX市場は決して怖い市場ではありません。此処である程度市場の仕組みを知ってもらって安心して頂いたと思います。基本的には投資家自身がしっかりと仕組みを理解して行動することが大切です。

投資顧問会社とは

投資家が金融商品や不動産などに投資する際に、
アドバイスを行なったり、資産運用を代行する会社です。

運用で利益が出ると、顧客から運用手数料を受け取ります。
このような業務のことを、投資運用業と呼びます。
投資運用業は、投資顧問会社や投資運用会社と呼ばれる会社が行っています。

投資顧問会社は普通、億単位の大きな資金を運用する場合に利用されます。
利用する顧客の中には個人の資産家もいますが、多くは企業です。

投資顧問会社は数多くありますので、投資家は運用の方針によって、利用する会社を選択することになります。
ヘッジファンドと呼ばれる、富裕層や投資のプロ向けのファンドの運営を行う、ハイリスク・ハイリターン志向の会社もあれば、 反対にローリスク・ローリターンで、長期的な運用を主とする会社もあります。

一般の人にとって、もっとも身近な投資顧問会社は、投資信託の運営を行っている会社です。
投資顧問会社というよりも、投資信託委託会社と呼ばれることが多いです。
投資信託では、購入窓口がある金融機関は、実際の運用には関わっていません。
販売会社という位置付けで、販売や解約などの手続きのみを行っています。
顧客が購入したファンドの代金は、信託銀行で管理されます。

ファンドは大勢の人から資金を集めますから、一人ずつが出した資金が少額だったとしても、皆の資金を合計すれば、億単位の資金となります。
そこで投資顧問会社の出番です。
信託銀行に対して、株式の売買など運用の具体的な指示を行います。

つまり投資信託を利用していれば、投資顧問会社も利用していることになります。
当然、投資顧問会社に対して手数料を、運用利益の中から支払っています。
ファンドを購入すると、運用手数料が高いから損だと考える人もいます。
たしかに自分で株式を購入して、売買することは可能です。

しかし一般の人は、一日中投資のことを考えている訳にはいかないでしょう。
たとえ投資にかかりきりで取り組んだとしても、
素人が合理的な運用を行うことは、難しい場合が多いのです。
ですから投資信託を購入したり、投資顧問会社と直接取引をすることには、
一定の合理性があると言えます。

実際の運用で、資金の投資先やタイミングを決めているのは、投資顧問会社というよりも、会社にいるファンドマネージャーだと言えます。
運用が上手く行くかどうかは、ファンドマネージャーの手腕にかかっているのです。
大きな利益を出すファンドマネージャーは、「カリスマ・ファンドマネージャー」などと呼ばれることがあります。
しかしながら、資産運用の常識で考えれば、大きな利益を上げる投資顧問会社や、カリスマ・ファンドマネージャーほど、失敗したときの損失も大きいということは、忘れないようにしなくてはいけません。